愛社精神?

先日、前職時代の知人が転職するというので、Farewellに行った。
久しぶりに昔の仲間にあって、久しぶりに熱く語り合ってしまった。

その時出たテーマが愛社精神。
彼曰く、今の会社をもっとよくするために、社内プロジェクトにも参加している と。

その気概はすばらしいと思うし、なくしてはいけないと思いながら
「愛社精神ってなんだ?」と。
外資系コンサルファーム。俺が在籍していたときは社長曰く「平均在籍期間は3-4年」。
新卒から定年まで勤め上げる人はほんの一握り(というか、実際はそんなに歴史のある会社じゃないから、定年までと言うつもりの人)。

転職を前提としている俺らにとって、会社が好き と言う感情はあっても
「愛社精神をもって社内改革に取り組む」というのはないんじゃないか?

結局は、社内改革をして自分が仕事しやすくなればいいじゃないかっていうのが本音だと
何となく意見があった。
なので、長期マーケティングプランなんて、興味があってもやれない。

「愛」って言葉をそんなに軽々しく使いたくないというのがあって。。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック