Negotiation

今日はクライアント先に新規の提案をしに行った。
新規と言っても1週間前に提案して、価格面のみ折り合いが付かなく、社長を連れての2度目の交渉。

事前の入念な準備で、シナリオを作り、社長も「これで行こう。後は俺に任せろ」節。

いざ交渉。

あっけなく寄り切られ、クライアントの条件を呑むことになった。

半年先のにんじんを見せられ、それと引き替えに妥協。

期待は見事に裏切られた。

交渉とは、互いがWin-Winになること。どちらかが負けたと思った時点でその交渉は失敗だと信じて疑わない自分にしてみたら、やるせない。

ギャップは明確だった。
クライアントとしてはにんじんを提供することで互いに譲歩をした形にしたかもしれない。
二枚も三枚も上手だった。主導権を握られたままだった。

Negotiation。奥はまだまだ深い。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック