千趣会と権限委譲

先日ベルメゾンで買った、ベランダ用のサンシェード。
冊子への取り付け器具の説明や取り付け条件がカタログ上に載っていなかったが
「大丈夫だろう」と高をくくっていたのがまずかった。

到着後、取り付け器具の説明が機を見たら、どう見てもうちのベランダにはつかない。
この説明が購入前のページに載っていたら。。。と思いながら返品の電話をかけた。

会員番号と、注文番号を告げて、返品理由を説明したら
「それでは送料はお客様負担になりますがよろしいでしょうか?」
ん・・・・?
オペレータ「商品の不具合ではないのでお客様に負担いただくことになるのですが」
私「取り付け器具の説明が事前に掲載されていれば購入していないですよ」

といったところ、すぐに
 「分かりました。商品の説明が不十分だと言うことで、送料は弊社負担とさせていただきます」
と即時の回答。

よくあるのは「確認して参ります」だったり、
「そういうことになっていますので、申し訳ございませんがご負担願えますでしょうか?」
なのだが、ここのオペレータは送料負担についての意思決定権限をもたされているようだ。
激しい口調で怒って要求したわけではなく、いつも通り淡々として話していたんだけど。

こういう権限委譲は満足度upにつながるね。

また利用します。ありがとうございます。タカギさん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック