Burberry

10年ほど前に購入し、着続けていたスーツがさすがにほつれてきたので、修理できるかtelで問い合わせ。

修理可能だが、金額などは店に持って行かないと分からないとのことで週末に銀座の店舗まで。
ところが、持って行ったら状態を確認した後、「本社に送って見積もるので1週間ほどお待ち下さい」と。

おいおい、そんなこと一言も言ってなかったじゃないか。

そして待つこと2週間・・・。やっと連絡があり、金額と期間の説明。
他に頼むとこもないので、修理を依頼したら2月末くらいにできあがると。

冬のスーツなので、3月にどれだけ着るか分からない。。。

もう少し着る側の立場に立った応対をしてほしいものだ。
まさか、3月まで連絡がなかったりしないだろうな・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック