請負契約の納品物は

ITで飯を食っている企業の営業。
Globalな企業なので、契約書や提案書のレビューも厳しい。

そんな中営業は、期末の追い込みの受注中処理などのため
あれこれと策を講じて、細かいチェックの目をすり抜けようとする。

今回対応していたのも、その類のプロジェクト。

プロジェクトへの途中参画のため、事前に契約書のチェックもできず
着任のタイミングでチェック。

契約は
 ・システムの構築
 ・一括請負契約

にも関わらず、要件定義もそのスコープ。
それだけでも驚いていたが、納品物(検収対象)の一覧を見てびっくり。

システムの開発の結果としてのプログラム一式がない。
なるほど、設計書さえ収めれば、検収して頂けるのね。

仮に裁判沙汰になった場合は、契約書に書いてなかったとしても
結果的には、プログラムも納品対象と認められることになるのだろうけど。

にしても、何を「営業」してきているのか。

これは単なる序章にしか過ぎなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック